プロミスなら審査が簡単?即日融資も可能?

kirakira

キャッシングやカードローンの審査にあたっては金融業者ごとに異なる基準がもうけられていますが、クレジットカード初心者でも簡単に申請できる業者としてプロミスが知られています。

テレビCMなどでもおなじみのプロミスですが、果たして本当に初心者でもすぐに審査に通過するのでしょうか。

一般に申請基準が最もゆるいとされている消費者金融系ですが、大前提として、誰であっても無条件で申請できるキャッシングやカードローンはありません。

キャッシングやカードローンはお金を借りる行為であり、一定以上の社会的信用がなければ申し込むことができません。

ただし、いわゆる銀行系や信販系のカードと比べて消費者金融は確かに申請条件が緩和されているのは事実であり、銀行系や信販系のカードローンに落ちた方でも消費者金融系であれば収入要件などをクリアし、カードをもつことができる場合があります。

このあたりを見ても、消費者金融と銀行系の根本的な体質の違いがうかがえます。

「預金、貸し付け、資産運用」と3つの役割をもつ銀行に対し、消費者金融は言ってみれば「お金を貸す」ことが専門であり、融資に関しては銀行と並ぶスペシャリストです。

預金業務や資産運用の手数料など、収入を得る手段がいくつか確保されている銀行とは異なり、消費者金融は基本的にお金を貸すことによってしか利益を生み出すことができません。

言い換えれば、貸し付けによる金利こそが消費者金融にとってメインの収入源であり、だからこそ、消費者金融系カードローンおよびキャッシングの金利は銀行と比較してもかなり高い水準にキープされているのです。

貸金業法が改正されたにもかかわらず、日本国内では現在でもキャッシングおよびカードローンの利用者が増えつづけています。

貸金業法が改正されたからこそ、とも言えるのかもしれませんが、ここまでキャッシングの利用者数が増えつづけている背景には業界イメージのクリーン化が挙げられます。

知名度のある俳優やタレントが消費者金融のCMに起用されることが当たり前になり、なおかつCMの本数そのものも格段に増加しているため、一般レベルでもお金を借りることに対しての心理的ハードルが下がっています。
消費者金融というネーミングも背景のひとつとして考えられます。消費者金融というある意味で親しみやすいネーミングが広まったことで、借金そのもののイメージが大きく変わり、女性がひとりで気軽に借りられる場所として認識されるようになりました。

ただ、もちろん消費者金融はまぎれもなく借金をするところであり、年利も高いことは事実ですので、申請にあたってはたとえ少額でも後々の収入バランスをよく考え、長期的なスパンで負担にならない返済プランを組み立てておきましょう。