nayamu

プロミスはwebを利用すれば24時間365日申し込みが可能ですが、審査が時間帯はプロミスの営業時間に左右されます。

混雑する時間帯では待たされることもありますので、早めに動きましょう。

プロミスの審査時間は何時まで?

プロミスは厳格に審査時間が決まっていて、それを過ぎると翌営業日に持ち越しになります。

プロミスでお金借りることを決めたらwebや無人契約機などを使って早めに申し込みしましょう。

申し込みは24時間OK

プロミスの審査を受けるには申し込みする必要があります。公式ホームページから24時間受け付けており、いつでも好きなときに申し込みができます。もし午後10時になって「明日お金が必要だ」となったときに、すぐwebで申し込みすれば翌日には審査を受けることができます。

プロミスは無人契約機も全国に設置していますし、電話による申し込みも可能ですが、これには営業時間があって、いつでも可能ではありません。どういう申し込み方法を採っても審査が実施されている時間はずっと待たされます。

もし無人契約機にまで行って審査落ちしてしまったときには、移動した時間が無駄になります。申し込みでは時間も手間も最小限で済むweb申し込みが良いでしょう。

審査回答時間は?

プロミスは、申し込みはwebで24時間可能ですが、審査そのものは午前9時から午後9時までの間しか実施しません。

これは土曜日・日曜日・祝祭日も同様です。

申込時間と審査結果が告知される時間

  • 午前0時~午前9時→午前9時以降
  • 午前9時~午後8時30分→申し込んでから1時間程度
  • 午後8時30分~午前11時59分→翌日の午前9時以降

午後8時30分から翌日午前9時までの申し込みについては、先着順に審査が行われます。タイムリミットが午後8時30分なのは、審査の結果は最短で30分だからです。それよりも時間がかかるときには、審査の結果の通知は翌日となります。

即日融資を希望するなら、午後8時までには申し込みを済ませておきたいところです。

申し込み受付時間は?

プロミスにはweb以外の申し込み方法もあり、それぞれに受付時間が異なっているので注意が必要です。

【申し込み方法・受付時間・審査実施時間】

  • web申し込み→24時間365日・午前9時~午後9時
  • 自動契約機→午前9時~午後9時・午前9時~午後9時(午後9時までに完了しないと翌日持ち越し)
  • 三井住友銀行ローン契約機→午前9時~午後8時・午前9時~午後8時
  • 電話申し込み→午前9時~午後10時・午前9時~午後9時(完了しなければ翌日持ち越し)
  • 店頭窓口→平日午前10時~午後5時・平日午前10時~午後6時

自動契約機、三井住友銀行ローン契約機、店頭窓口は終業時間が早まるところもあります。ホームページで確認しておきましょう。

最短時間で審査が完了するのはこういう人

プロミスは三井住友グループの会社ですが、消費者金融業者ですので審査のスピードが売り物です。公式サイトや広告では「最短30分」とうたっていますが、実際には1時間以上はかかっていることがネットの情報から分かっています。

人によってはなかなか審査結果が通知されず、催促電話までしたということもあります。最短時間で審査が完了するのは、おおよそ以下の条件を満たしている人です。

  • 個人属性(正社員、持ち家居住など)や信用情報(借入の遅延などがない)に問題なく、スコアリング審査の基準を満たしている。
  • 申込者の会社の営業時間内に在籍確認がスムーズに実施することができる。
  • 申込情報や申告内容に間違いがない。
  • 送信した本人確認書類などの必要書類の画像が鮮明で問題がない。
  • 審査が混み合っていない。

個人属性は就業スタイルや年収、住居、家族構成などを含みます。住居は賃貸よりも持ち家(申込者の所有でなくて良い)のほうが有利です。

在籍確認がスムーズに実施できること、また申込情報が間違いないというのは重要です。あいまいな記憶に頼らず、いったんメモに書き出して正確に入力・記入しましょう

プロミスで審査に時間がかかるケースとは?

プロミスは午前9時から午後9時までが審査可能時間で、この時間内であれば基本的に即日融資が可能です。

ところが、状況次第では申込当日に融資まで実行されないことがあります。

混雑しているときに申し込みする

プロミスに限らず、消費者金融業者は申込順に審査していくことになっています。そのため、申込者が多くなると必然的に後回しになって審査にかかる時間が長くなります。

もし急いでいるなら、仮審査の段階でかかってくる内容確認の連絡で「早めに審査してください」と申し出ましょう。

時間帯で混雑しがちなのは、夕方以降です。サラリーマンが仕事終わりに申し込むというケースが多いからです。場合によっては数時間以上待たされてしまいます。

プロミスは午後9時を過ぎたら、審査の作業もストップします。そのため、余裕があると思っていたら翌日以降の結果通知になってしまうということも多くあります。時間帯で申込者が少なく、審査がすいているのは午前中です。

また、プロミスが集計したデータによると、1年のうち5月と9月には申し込みが集中すると発表されています。特に5月の申込件数は突出して多いとされています。

会社の異動が完了して、ゴールデンウィークがあり、ボーナス前という時期だからお金に困る人が多いからと推測されています。逆にすいているのは12月と報告されています。

在籍確認が取れないとき

damedame

消費者金融業者への申し込みで悩ましいのは、在籍確認です。これは申込者が申告した職場で働いている実態があるかどうかを、主に電話連絡によって確認することですが、返済能力の確認としてどうしても必要です。この在籍確認が取れないときに審査は長引きます。

良くあるケースが、会社の代表番号を記載したせいで、実際にその人が働いている部署への連絡が滞ってしまうという事態です。代表番号ではなく、自分の部署に直接つながる番号を記入しましょう。

もしプロミスの担当者が電話連絡をして「勤務先が存在していない」「勤務しているという実態がつかめない」といった場合には審査が長引くだけでなく、最悪の場合には否決されてしまいます。

なかには、勤務先に連絡が行くのは困るという人もいるでしょう。そういったときには担当者に相談してみましょう。

他社からの借入が多いとき

他社からの借入が多い場合、申し込みした人の返済能力に疑問符が付いて審査の時間が長引きます。他社からの借入件数が多いということは、1社から希望額を借入できていない人と判断される恐れがあります。

そのため、プロミスは返済能力を確認するために審査に時間をかけます。もし借入額が少ないカードローンなどがあれば、完済して件数を減らしてから申し込むと有利になります。

他社からの借入件数は少ないほど審査の時間は短くなる傾向があります。多くとも2社くらいに絞りましょう。

また、総量規制という法律もあるので注意しましょう。これは「利用者の年収の3分の1以上の貸し出しはしてはならない」とする規制で、かなり強力です。

対象となるのは、クレジットカード会社と、プロミス以外の消費者金融業者からの利用限度額です。利用限度額とプロミスへの希望限度額の合算が年収の3分の1を超えるとき、申し込みは否決されます。

申込内容に不備があるとき

ある消費者金融業者の審査担当者だったという人のインタビューによると、借入の申し込みが否決されるケースとして最も多いのが「申し込みした内容に不備がある」こととされています。

書き間違い、入力間違いも含みますが、他社からの借入額などを虚偽申告すると審査は否決されるので注意しましょう。

あいまいな記憶に頼るのではなく、公式サイトの会員ページなどを確認して正確に申告しましょう。他社からの借入は重要事項で、ここをあいまいにする人は信用力に欠けると判断されます。

自分では嘘をついたつもりはないのに、虚偽申告したと判断される可能性もあります。正確な情報を正しく記入しましょう。

審査状況の確認方法は?

プロミスの場合には、審査状況を確認するための方法は電話での問い合わせが主な手段となります。審査の最短は30分とされていますが、おおよそ1時間程度はかかります。

この時間を過ぎても結果の通知がないときには、電話で確認してみましょう。早めにして欲しいという要望もある程度聞き入れてもらえます。

プロミスは平日でも土日でも審査可能時間は変わりませんし、最短で30分で審査が完了するという点も変わりません。

極端に結果通知が遅れているとき、何かの手違いで審査が後回しになっている可能性もあります。

まとめ

プロミスは午前9時から午後9時までが審査可能時間です。これ以外の時間はプロミスの会社としての営業時間外であるため、審査そのものが行われません。

審査には時間がかかるケースもあるため、余裕を持って行動しましょう。